> > 沖縄県本部(もとぶ)半島でカーシェアリングの実証 宿泊施設にトヨタCOMS

沖縄県本部(もとぶ)半島でカーシェアリングの実証 宿泊施設にトヨタCOMS

 印刷 記事を保存

トヨタは、沖縄県本部(もとぶ)半島で観光客を対象に、「Ha:mo」を活用したトヨタ車体製のパーソナルモビリティ「COMS」のシェアリングサービスの実証実験を実施する。期間は2016年1月中旬から12月末までの約1年間。

同社の「Ha:mo」は、パーソナルな乗り物と公共交通を最適に組み合わせたシェアリングサービスで、2012年10月から豊田市で実証運用を開始し、「COMS」100台によるサービスを展開する。「COMS」は、車体幅1メートル強、高さは1メートル50センチ、最高速度は時速60キロ。ひとり乗りの超小型EVだ。

(※全文:764文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.