> > 地域の廃棄物、地域でつかう電力に 兵庫県の高効率ごみ発電所

地域の廃棄物、地域でつかう電力に 兵庫県の高効率ごみ発電所

記事を保存
地域の廃棄物、地域でつかう電力に 兵庫県の高効率ごみ発電所

タクマエナジー(兵庫県)は、建設中の廃棄物処理施設「クリーンパーク北但(ほくたん)」(兵庫県豊岡市)から発生する余剰電力を購入する特定契約を、北但行政事務組合と締結した。同施設が運転開始される2016年8月から電力を購入する予定だ。

この施設は、リサイクルセンターおよび、発電出力2,850kWの高効率ごみ発電施設があり、同地域の一般廃棄物をエネルギーとして電力を生み出す。同社はこの電力を買い取り、地域内の公共施設や工場等に安価に供給する。地域の廃棄物を電力として地域に還元することで、廃棄物処理施設に対する地域住民の理解促進や、循環型社会の構築、及び電気代削減に寄与する。

タクマエナジーへ電力供給する発電所

タクマエナジーへ電力供給する発電所

同社は、プラント製造業のタクマの子会社。自社が納入したごみ処理発電プラントやバイオマス発電プラントを主な電源とする電力小売事業者として今年8月に設立された。国内で、同社に電力供給する発電所は、太陽光発電、木質バイオマス発電、廃棄物発電を含め、今回で6ヵ所目だ。同社は12月より順次需要家へ電力を供給していく。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.