> > 東京モーターショー:日産、電気自動車と自動運転のコンセプトカーを発表

東京モーターショー:日産、電気自動車と自動運転のコンセプトカーを発表

記事を保存
東京モーターショー:日産、電気自動車と自動運転のコンセプトカーを発表

日産自動車は、電気自動車と自動運転を具現化したコンセプトカー「Nissan IDS Concept」を発表した。

同社が掲げるコンセプト、「ニッサン インテリジェント ドライビング」は、ドライバーの「認知」「判断」「操作」をサポートすることによって、現在発生している交通事故の約9割の原因である人的ミスを補い、より安全で、効率的な、楽しいドライビングの実現を目指すもの。同コンセプトカーには、ドライバーの癖や好みを学習するAIにより、ドライバーの思い通りの走りをアシストする自動運転技術が搭載される。

また、このコンセプトカーが商品化される場合、1回の充電で長距離走行を可能にするため、フルカーボン製の素材を採用し、軽量化、空気抵抗の低減につとめるなど、デザイン面でも効率的な走行をめざす。

走行イメージ

走行イメージ

車内イメージ

車内イメージ

同コンセプトカーでは、60kWhの大容量バッテリーおよび、ワイヤレスで充電ができる非接触充電技術が搭載されている。

同社はゼロ・フェイタリティとゼロ・エミッションをビジョンとして掲げ、持続可能なクルマ社会の実現に取り組んでおり、2020年までに革新的な自動運転技術を複数車種に搭載する予定であるとし、EVを開発している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.