> > 東京都・虎ノ門ヒルズにも「ソーラー充電スタンド」 スマホ充電や非常用電源に

東京都・虎ノ門ヒルズにも「ソーラー充電スタンド」 スマホ充電や非常用電源に

記事を保存
東京都・虎ノ門ヒルズにも「ソーラー充電スタンド」 スマホ充電や非常用電源に

東京都と森ビルは、太陽光発電パネルが発電する電気でスマートフォンなどを手軽に充電できる、ソーラー充電スタンド「シティチャージ」を、虎ノ門ヒルズに設置し、10月31日12時よりサービスを開始すると発表した。

「シティチャージ」は、都民や旅行者が無料で利用でき、非常用電源としても活用できる。海外ではニューヨーク等で導入されている。

本事業は、日本初の取り組みとして、東京都環境公社と設置事業者であるシャープが連携し行っているもの。太陽光発電を身近に感じることができるほか、外国人旅行者への「おもてなし」にも資するものと位置付けられている。

虎ノ門ヒルズでのサービス開始は、10月7日に先行導入された東京タワーに続き、日本で2カ所目。スマートエネルギー都市の実現に向け、再生可能エネルギーの普及啓発に取り組む東京都および東京都環境公社に、森ビルが協力して実施する。

今回設置するシティチャージでは、東京タワーでの利用者の声を反映し、雨対策として充電ボックスが自動で閉まる仕様へ改良した。東京タワーのシティチャージも改良する予定。

シティチャージは、60人分(15分/1人)のスマホへ充電できる蓄電池の搭載により夜間・雨天時でも充電可能で、非常用電源としても活用できる。またLED照明搭載で夜間照明としても活用可能。ピクトグラムにより外国人旅行者にも使いやすいように配慮した。

虎ノ門ヒルズ(ステップガーデン)におけるシティチャージの設置期間は10月31日から約1年間。利用料は無料。

森ビルは、「都市の中の都市」であるヒルズは、リアルな実験の場としても最適な都市空間を擁しており、新しい取り組みや技術に対し、ヒルズをプラットフォームとして積極的に開放することで、ヒルズを起点にイノベーションを生み出す「未来の都市づくり」を推進していくとコメントしている。

「シティチャージ」事業のスキーム(役割分担)

公社

施設管理者との設置交渉、設置事業者の募集・選定(シャープを選定)

設置事業者

シティチャージの設置・保守(費用負担)

施設管理者

設置場所の提供(無償)

【参考】
東京都 - 虎ノ門ヒルズで「シティチャージ」のサービスを開始します

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.