> > 東京都の中小ビル省エネ改修補助金、29件の成果を公表 1月まで最終公募中

東京都の中小ビル省エネ改修補助金、29件の成果を公表 1月まで最終公募中

 印刷 記事を保存

東京都は、中小規模のテナントビルに対して省エネ設備を導入費用を助成する事業について、第2回の募集で助成を決定したテナントビル29件において、予測される改修効果等をとりまとめ報告した。

本事業は、「中小テナントビル向け省エネ設備導入費用助成事業」として2014年度と2015年度の2カ年にわたり実施しているもの。省エネ設備の導入に最大2,000万円の助成が受けられる。申請は今年度が最終年度で、10月1日(木)から2016年1月15日(金)まで、第3回募集を行っている。

事業所の省エネ対策として、照明や空調などの設備を高効率化する省エネ改修は非常に有効だが、テナントビルの場合、省エネ改修による光熱費削減等のメリットは、テナントが享受し、ビルオーナーのメリットが少ないため、中小テナントビルの省エネ改修が進んでいない状況にある。

そこで、本事業では、費用を助成したテナントビルから提供を受けたデータに基づき、省エネ設備導入によるCO2削減効果を分析した上で、省エネ改修により実現される低炭素レベルや光熱費削減レベルを分かりやすく評価できるツールを作成。これにより、低炭素レベルの高いビルが不動産市場で高く評価される仕組みを構築することで、中小テナントビルの省エネ改修の推進を図ることを目的としている。

(※全文:1,265文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.