> > ASEAN+3環境大臣会合、日本は2030アジェンダを目標に新たな協力を表明

ASEAN+3環境大臣会合、日本は2030アジェンダを目標に新たな協力を表明

 印刷 記事を保存

第14回ASEAN+3環境大臣会合が10月29日(木)に、ベトナム・ハノイにて開催された。本会合では、日本、中国、韓国の3カ国からASEANに対する協力についての報告や、日中韓3カ国とASEANの間の環境協力の推進について議論が行われた。

会合にはASEAN諸国(ブルネイ、カンボジア、インドネシア、ラオス、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナム)、日本、中国、韓国、ASEAN事務局が出席し、議長はグエン・ミン・クアン・ベトナム天然資源環境大臣が務めた。日本からは、鬼木誠環境大臣政務官他が出席した。

ASEAN+3環境大臣会合は、ASEAN諸国と日本・中国・韓国3カ国の環境協力を促進することを目的としており、2002年にラオスのビエンチャンにて第1回会合が開催されて以来、毎年開催されている。なお、先日10月8日にはマレーシア・クアラルンプールで第12回ASEAN+3エネルギー大臣会合も行われている

今回の会合で、ASEAN事務局から、ASEAN環境大臣会合が今後2年に1回の開催になることを受け、ASEAN+3環境大臣会合も同様に2年毎に開催することが提案され、承認された。次回のASEAN+3環境大臣会合は、2017年にブルネイにおいて開催される。

環境省が本会合の結果をとりまとめ報告している。概要は以下のとおり。

(※全文:1,433文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.