> > 「マグネシウム空気電池」を併設した災害対策用自販機 福島県に100台設置予定

「マグネシウム空気電池」を併設した災害対策用自販機 福島県に100台設置予定

 印刷 記事を保存

アサヒ飲料は、巽中央経營研究所(東京都中央区)と東北再生可能エネルギー協会(宮城県仙台市)が実施する「飲料自動販売機併設型マグネシウム空気電池導入プロジェクト」に参画し、マグネシウム空気電池を併設した災害対策用自動販売機を世界で初めて展開すると発表した。

本プロジェクトは、大容量発電のマグネシウム空気電池を搭載した飲料自動販売機を、避難場所などに設置して災害時の電力供給を確保するもの。2016年1月から、福島県内の学校や病院といった避難場所を中心に100台を設置予定で、2017年以降も福島県以外の被災県指定避難所への設置も検討していく。

今回併設するマグネシウム空気電池は、大容量発電が可能であり、災害時にはライフラインの復旧の目途となる72時間の電力供給を可能としている。自動販売機の継続稼働に加え、パソコンや複数の携帯電話、TVなども使用し続けることができるため、被災者にとって必要になる照明や情報、通信などのインフラとして活用することが可能となる。

(※全文:1,835文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.