> > PCB廃棄物、分解・解体禁止に 廃棄物処理法の改正省令等が公布

PCB廃棄物、分解・解体禁止に 廃棄物処理法の改正省令等が公布

 印刷 記事を保存

PCBを使用し廃棄物となった安定器の分解・解体を原則禁止することや、非常災害時に市町村の委託を受けて処分する一般廃棄物の分別収集に関する特例等について定めた、廃棄物処理法施行規則の改正省令等が11月24日(火)に公布された。

PCB廃棄物、分解・解体禁止に

ポリ塩化ビフェニル(PCB)廃棄物の確実かつ適正な処理を推進するため、PCBが使用された安定器が廃棄物となったもの(PCB使用廃安定器)の分解・解体を原則禁止するとともに、2012年8月のPCB廃棄物適正処理推進に関する検討委員会の報告書等を受けて、低濃度PCB廃棄物の燃焼条件の適正化について技術上の基準および維持管理基準を改正することとした。

また、「産業廃棄物処理施設の設置者に係る一般廃棄物処理施設の特例(※)」について、災害廃棄物に係る分別の特例を設けることとした。

(※全文:1,222文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.