> > 五大学対抗! 環境建築コンテスト「エネマネハウス2015」、東京で成果報告会

五大学対抗! 環境建築コンテスト「エネマネハウス2015」、東京で成果報告会

記事を保存
五大学対抗! 環境建築コンテスト「エネマネハウス2015」、東京で成果報告会

環境共創イニシアチブ(SII)は、10月17日~11月1日に横浜市みなとみらい地区にて開催した「エネマネハウス2015」の成果報告会を実施すると発表した。

最優秀賞を獲得した、芝浦工業大学の木質パネルを利用した蓄熱・調湿機能や、早稲田大学の創蓄分離発電システムなど、最新の技術が多く取り上げられている。また、エネルギーや地方創生などの分野も評価されている。

早稲田大学は多数の企業と協力し、「Live」というキーワードに3つの意味を込めた

早稲田大学は多数の企業と協力し、「Live」というキーワードに3つの意味を込めた

エネマネハウス2015 表彰結果

最優秀賞

芝浦工業大学、早稲田大学

優秀賞

関東学院大学、山口大学、立命館大学

People’s Choice Award

芝浦工業大学

特別賞(エネルギー・資源賞)

立命館大学

特別賞(地方創生賞)

山口大学

特別賞(環境未来賞)

関東学院大学

エネマネハウス2015 成果報告会概要

日時

12月9日(水)14:00~17:30(開場13:30)

場所

東海大学校友会館 阿蘇の間

プログラム

  1. 開会挨拶
  2. 開催概要報告
  3. 各大学からの成果報告
  4. パネルディスカッション
  5. 総括
  6. 閉会

参加を申し込む場合は12月7日12:00までにウェブサイトからメールを送信する。(先着順)

エネマネハウスとは

エネマネハウスは、ZEHの推進による多様な価値の創出、さらに質の高い生活を実現する住まいの提案、革新的アイデアを生むプラットフォームとしての産学官連携のために、世界の課題解決に貢献する「日本のエネマネ技術」を提示し、大学と民間企業の協働によるコンペティションとして実施するもの。

※ZEH…Zero Energy House。住宅で使われるエネルギーにおいて、発電などで創出したエネルギー量が電気・ガス・灯油で消費したエネルギー量よりも多い住宅。住宅内でのエネルギーの自給自足が理論上可能になる。

この事業では、学生が考える、将来の家」をテーマに、「エネルギー」、「ライフ」、「アジア」の3つのコンセプトのもと、先進的な技術や新たな住まい方を提案するモデルハウスを実際に建築し、実証・展示を行う。以下の活動から産業競争力の強化を目指す。

  1. 省エネルギー技術に長けた人材の育成・獲得
  2. 実証・展示を通じた世の中への発信
  3. ZEHに不可欠な産学連携の実践の場の提供
  4. 海外展開を視野に入れた省エネルギー技術のパッケージ化

【参考】
SII - エネマネハウス2015 中間報告会

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.