> > 日本も初の閣議決定、気候変動による被害を最小化するための「適応計画」

日本も初の閣議決定、気候変動による被害を最小化するための「適応計画」

 印刷 記事を保存

政府は27日、気候変動の影響による被害の最小化を目指すために、今後おおむね10年間における基本戦略や分野別施策の基本的方向を示した、初めての「適応計画」を閣議決定した。

気候変動対策では、温室効果ガスの排出の抑制等を行う「緩和」とともに、すでに現れている影響や中長期的に避けられない影響に対して「適応」を進めることが求められている。

今回政府が策定した「気候変動の影響への適応計画」では、目指すべき社会の姿等の基本的な方針、基本的な進め方、分野別施策の基本的方向、基盤的・国際的施策を定めている。

基本戦略は5つ

基本戦略としては、(1)政府施策への適応の組み込み、(2)科学的知見の充実、(3)気候リスク情報等の共有と提供を通じ理解と協力の促進、(4)地域での適応の推進、(5)国際協力・貢献の推進、の5つをあげる。

(※全文:1,356文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.