> > 2020年にはミドリムシで飛行機が飛ぶ ユーグレナ、横浜に製造プラント建設へ

2020年にはミドリムシで飛行機が飛ぶ ユーグレナ、横浜に製造プラント建設へ

記事を保存
2020年にはミドリムシで飛行機が飛ぶ ユーグレナ、横浜に製造プラント建設へ

ユーグレナ(東京都港区)は1日、2020年に向けて、微細藻類ミドリムシ(ユーグレナ)などを原料とした、国産バイオジェット・ディーゼル燃料の実用化を目指すと発表した。

横浜市の京浜臨海部に日本初のバイオジェット・ディーゼル燃料製造実証プラントを建設、2018年の稼働開始を目指す。実証プラントの稼働を経て商業用プラントの計画を進めていく予定。

同社は、横浜市・千代田化工建設伊藤忠エネクス・いすゞ自動車・全日本空輸の協力のもと、航空機向けバイオ燃料の実用化計画を推進していく。

日産5バレル、年間125kLのバイオ燃料を製造

現在、経済産業省、国土交通省などを中心に、「2020年オリンピック・パラリンピック東京大会に向けたバイオジェット燃料の導入までの道筋検討委員会」の設立など2020年に向けてジェット燃料をはじめとする燃料のバイオ化への推進が行われている。

ユーグレナでは、ミドリムシ(ユーグレナ)を中心とした微細藻類に関する研究開発や販売等を展開している。ミドリムシは、光合成によってCO2を固定して成長する時、油脂分を作り出しており、これはバイオ燃料の元として利用することができる。特にミドリムシは、微細藻類の中でも抽出・精製されたオイルが軽質であるため、他の微細藻類に比べてもジェット燃料に適していることが分かっている。

同社では2010年5月よりバイオジェット燃料の研究を、2014年6月よりいすゞ自動車とともにバイオディーゼル燃料の研究開発を開始している。また2015年6月にはバイオ燃料製造技術の1つであるバイオ燃料アイソコンバージョンプロセス技術に関するライセンス契約およびエンジニアリング契約を米国のChevron Lummus Global & Applied Research Associatesとの間で締結し、バイオジェット・ディーゼル燃料製造の実現を推進してきた。そして今回、横浜市と4社の協力を得て、本計画を実施していくことを決定した。

本実証プラントは、横浜市が「環境・エネルギー分野の拠点形成」を目指す京浜臨海部の旭硝子の京浜工場内(予定)に建設する。敷地面積は約9,000平方メートル。2016年夏より建設を開始し、2017年内の竣工と2018年前半の稼働開始を予定。日産5バレルの製造能力で、年間125klのバイオ燃料製造を目指す。

各社の役割について

ユーグレナは、バイオ燃料原料として微細藻類ユーグレナの生産、バイオジェット・ディーゼル燃料製造実証プラント建設地確保・設備投資・運営、バイオ燃料の製造を担う。横浜市は、バイオジェット・ディーゼル燃料製造実証プラント建設・運営に対する支援を実施する。

また本計画では、微細藻類ユーグレナに加えて、国内調達したその他バイオマス油脂も使用することで、安定供給を目指す。伊藤忠エネクスは微細藻類ユーグレナ以外のバイオ燃料原料の調達等を担当する。

千代田化工建設は実証プラントの設計・調達・建設、いすゞ自動車は次世代バイオディーゼル燃料の評価・利用、全日本空輸は航空会社の立場から空港での給油等のオペレーションに関わる提案を行う。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.