> > 東京都「家庭の省エネアドバイザー制度」 一般家庭へ直接訪問する企業を募集

東京都「家庭の省エネアドバイザー制度」 一般家庭へ直接訪問する企業を募集

記事を保存
東京都「家庭の省エネアドバイザー制度」 一般家庭へ直接訪問する企業を募集

東京都では、「家庭の省エネアドバイザー制度」において、連携して同制度を実施する企業や団体を、2015年12月21日(月)から2016年1月29日(金)まで募集する。

同制度は、省エネに関するノウハウや業務の中で家庭との接点を有する企業・団体などが統括団体となり、都が認定したアドバイザーを派遣し、希望者に無料で省エネアドバイスを行うもの。

採択された統括団体は、省エネアドバイスの手法や活動区域の設定や、募集・受け付け、省エネアドバイザーの確保・指導教育・人員配置など、同制度に必要な体制整備全般についての業務を行う。

公募の概要は下記の通り。

主な応募条件

  1. 省エネに関するノウハウを持っていること。
  2. 業務の中で「家庭を直接訪問する機会その他家庭との接点」(訪問販売を除く。)を有している企業・団体であること。
  3. 省エネアドバイザーの人材を確保できること。
  4. 各家庭、自治体、町会等に対して、省エネアドバイス、同事業の広報、申込を確保する取組みを実施すること。

省エネアドバイスの実施対象エリア

実施対象エリアは東京都内全域である必要はなく、都内一部の地域のみでも可能。

事業費の負担

省エネアドバイス業務、東京都が実施する研修等の受講に要する交通費、都民からの受付・問い合わせ対応等の費用は、統括団体が負担する。

公募期間は、12月21日(月)から平成28年1月29日(金)までで、2016年3月に統括団体が決定し、5月からアドバイザーの研修開始、6月以降に省エネアドバイスの活動を開始する予定。

同公募の受け付け窓口は、都の委託を受けクールネット東京(東京都地球温暖化防止活動推進センター)が実施する。

現在、同制度の統括団体は、生協パルシステム東京(東京都新宿区)、東京ガス(東京都港区)ら6団体が担っている。

【参考】
東京都 - 「家庭の省エネアドバイザー制度」連携企業・団体を募集します

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.