> > 「窓ガラスに貼るだけ」 太陽光を天井に反射させて照明コストを削減するフィルム

「窓ガラスに貼るだけ」 太陽光を天井に反射させて照明コストを削減するフィルム

 印刷 記事を保存

大日本印刷(DNP)は、新築・既築の窓ガラスに貼り付けるだけで太陽光を効率的に取り入れて、部屋全体を明るくする「DNP採光フィルム(現場施工用)」を開発し、2016年1月に販売を開始する。

日当たりの悪い北側の窓に、本フィルムを使用した場合、使用前と比べて室内の明るさが2倍に向上し、照明エネルギーを13%削減できるという。

DNPは、本フィルムを住宅やオフィスビル、文教施設・商業施設・医療施設などに提供し、2017年度までに累計で30億円の売上を目指す。また、太陽光を有効活用し、より取り付けが容易な採光フィルムを活用した新製品の開発などを進めていく。

窓からの直射日光を部屋の天井に

この製品は、窓から入る太陽光を天井などに効果的に反射・拡散させて、部屋全体を明るくする採光フィルム。

(※全文:1,138文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.