> > COP21閉幕 気候変動の新枠組「パリ協定」、196ヶ国すべて参加し採択

COP21閉幕 気候変動の新枠組「パリ協定」、196ヶ国すべて参加し採択

 印刷 記事を保存

フランス・パリで開催されていた、国連気候変動枠組条約第21回締約国会議(COP21)は、日本時間13日未明、196カ国・地域、すべての国が参加する温室効果ガス排出削減等のための新たな国際枠組み「パリ協定」を採択し閉幕した。

安倍晋三首相は「『パリ協定』が採択されたことを高く評価する」との談話を発表。「歴史上はじめて190余の国々すべてが参加する公平な合意が得られた。世界は、地球温暖化という困難な問題の解決に向け、新たなスタートを切る。日本は、26%削減という目標に向け、温室効果ガスの計画的な削減に取り組まなければならない」と決意を述べている。

パリ協定は法的な拘束力のある2020年以降の枠組みで、世界共通の長期目標として、気温上昇を産業革命前に比べて2度未満に抑える「2度目標」を掲げる。また、島嶼国が求めていた「1.5度」を目指して努力することにも言及した。

(※全文:1,136文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.