> > 日本とインド、森林・林業分野で協力へ 持続可能な森林経営や山地災害防止で

日本とインド、森林・林業分野で協力へ 持続可能な森林経営や山地災害防止で

 印刷 記事を保存

農林水産省とインドの環境・森林・気候変動省は11日、インド・デリーにおいて、森林・林業分野の協力に関する覚書に署名した。

この覚書のもと、「持続可能な森林経営」「森林保全と山くずれや土石流、地すべり、なだれなどの山地災害防止」「人材育成と研修機関間の交流」などの分野での協力を強化する。

意見交換とロードマップ策定のため、共同ワーキンググループを立ち上げ、2国間で交互に基本的に毎年開催することなども盛り込まれている。

この覚書は両国が署名した日から発効し、5年間有効である。その後は、基本的に同じ期間(5年間)単位に自動更新される。

(※全文:750文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.