> > 環境省のH27補正予算、市町村等のごみ対策を多角的に支援

環境省のH27補正予算、市町村等のごみ対策を多角的に支援

記事を保存

環境省は18日、平成27年度補正予算案等が閣議決定したことを受け、同省関連予算案の概要を公表した。

同省関連予算案は総額1,367億円。1.東日本大震災からの復興、2.国民生活の安全・安心の確保、3.循環共生型社会の構築、の3つを柱に予算案をまとめている。

東日本大震災からの復興では、放射性物質により汚染された土壌等の除染の実施するために783億円を計上。国民生活の安全・安心の確保では、市町村等が行う廃棄物処理施設の整備支援(383億円)、大規模災害に備えた廃棄物処理体制検討・拠点整備事業(53.5億円)など廃棄物対策として554億円を盛り込んだ。

主な廃棄物関連の関連予算案の概要は以下のとおり。

循環型社会形成推進交付金

平成27年度補正予算額 383億円

市町村等が行う廃棄物処理施設の整備を支援。特に、計画の前倒しによる早期整備が必要な施設に対し追加財政支援を実施。

交付先は市町村等(一部事務組合、広域連合、特別区含む)。交付対象施設はごみ焼却施設、最終処分場、既存施設の基幹的設備改良事業、等。交付率は交付対象経費の1/3。ただし、一部の先進的な施設については1/2。

大規模災害に備えた廃棄物処理体制検討・拠点整備事業

平成27年度補正予算額 53.5億円

大規模災害に向け、全国・地域レベルで十全な備えをすべく、対策と課題を取りまとめるとともに、市町村等に対して廃棄物処理施設の整備を支援する。大規模災害時における災害対応拠点となり得る廃棄物処理施設の整備(5,100百万円)における市町村等に対する交付率は1/3(一部1/2)。

産業廃棄物不法投棄等原状回復措置推進費補助金

平成27年度補正予算額 24.9億円

産業廃棄物の不法投棄等事案について、産廃特措法に基づき、都道府県等が実施する支障除去等事業を支援する。補助率は有害産業廃棄物が1/2、その他の産業廃棄物が1/3。

災害等廃棄物処理事業費補助金

平成27年度補正予算額 41.8億円

平成27年関東・東北豪雨等により発生した廃棄物を適正かつ円滑・迅速に処理することにより、地域住民の生活環境の保全を図ることを目的としている。市町村(一部事務組合、広域連合を含む)が行う、災害のために実施した生活環境保全上、特に必要とされる廃棄物の収集、運搬および処分に係る事業に要する費用等に対して補助を行う。

その他

PCB廃棄物処理施設整備事業

平成27年度補正予算額 20億円

PCB廃棄物適正処理対策推進事業

平成27年度補正予算額 1.8億円

海岸漂着物等地域対策推進事業

平成27年度補正予算額 26億円

廃棄物処理施設災害復旧事業費補助

平成27年度補正予算額 2.9億円

【参考】
環境省 - 平成27年度補正予算の概要

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.