> > 環境省のH27補正予算、市町村等のごみ対策を多角的に支援

環境省のH27補正予算、市町村等のごみ対策を多角的に支援

 印刷 記事を保存

環境省は18日、平成27年度補正予算案等が閣議決定したことを受け、同省関連予算案の概要を公表した。

同省関連予算案は総額1,367億円。1.東日本大震災からの復興、2.国民生活の安全・安心の確保、3.循環共生型社会の構築、の3つを柱に予算案をまとめている。

東日本大震災からの復興では、放射性物質により汚染された土壌等の除染の実施するために783億円を計上。国民生活の安全・安心の確保では、市町村等が行う廃棄物処理施設の整備支援(383億円)、大規模災害に備えた廃棄物処理体制検討・拠点整備事業(53.5億円)など廃棄物対策として554億円を盛り込んだ。

主な廃棄物関連の関連予算案の概要は以下のとおり。

(※全文:1,103文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.