> > 再エネ熱利用設備への補助事業 太陽熱・地中熱・バイオマスなど10件採択

再エネ熱利用設備への補助事業 太陽熱・地中熱・バイオマスなど10件採択

 印刷 記事を保存

新エネルギー導入促進協議会(NEPC)は、2014年度補正予算「再生可能エネルギー熱利用加速化支援対策費補助金」のうち、新規事業分(四次締切)の公募を行い、補助金交付先として全10件を採択した。

今回は申請14件中10件を採択した。例として以下のような事業が採択されている。

第1農場への暖房用バイオマスボイラ設置事業

鶏糞を燃料とするバイオマスボイラを設置し、鶏舎暖房用熱源として利用する。(兵庫県、日下部輝夫)

幾寅保育所地中熱利用空調システム設備設置事業

地中熱を熱源とするヒートポンプを設置し、保育所施設の空調に利用する。(北海道、南富良野町)

介護施設グループホーム『ひなたぼっこ西川津』太陽熱利用給湯設備導入事業

介護施設グループホームに16平方メートルの太陽集熱器を設置し給湯に利用する。(島根県、株式会社ひょうま)

多賀城デイサービス(仮称)太陽熱利用給湯設備設置事業

介護施設に12平方メートルの太陽集熱器を設置し給湯に利用する。(宮城県、有限会社ライフケアエナジー)

(※全文:1,405文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.