> > 電気料金で貯めたポイントを商品券に 中国電力、ショッピングセンターと連携

電気料金で貯めたポイントを商品券に 中国電力、ショッピングセンターと連携

記事を保存
電気料金で貯めたポイントを商品券に 中国電力、ショッピングセンターと連携

中国・四国・九州エリアで大型ショッピングセンター「ゆめタウン」を展開するイズミ(広島市東区)と中国電力(広島市中区)は、電力の小売全面自由化が始まる2016年4月から、毎月の電気料金等に応じてポイントが貯まり、イズミが発行する電子マネーや商品券に交換できるサービスを開始する。

新サービス「ゆめタウンメニュー」概要

  • 毎月の電気料金に応じたポイントが通常の1.5倍
  • 通常のポイントに加え、イズミのクーポン等の進呈
  • 貯まったポイントと、イズミの電子マネー「ゆめか」や「商品券」との交換

ポイント交換レート

1ポイント⇒「ゆめか」1円、500ポイント⇒「商品券」500円

イズミとの提携サービス「ゆめタウンメニュー」を加入した利用者には、通常貯まるポイントが1.5倍に割増になり、ポイント交換が電子マネー「ゆめか」へ移行できる。また、これらのポイントに加えて、イズミのクーポン等も進呈される。

加入対象者はイズミのポイントカードである「ゆめカード」を所持している者。同サービスを導入するには、中国電力のWeb会員に登録し、ポイントサービスの対象となる料金メニューを選択する必要がある。

中国電力は、電力の小売全面自由化が実施される2016年4月から、毎月の電気料金やWeb上の各種サービス(アンケート、各種手続き、参加型コンテンツ等)を利用することで利用者がポイントを貯めることができる新たなサービスを開始する。

主なポイント付与方法

継続感謝ポイント 毎月の電気料金に応じてポイント付与
アンケート アンケートへの回答
各種手続き Web上での契約変更手続き等
参加型コンテンツ ミニゲーム、クイズ

貯まったポイントは、中国地方の特産品や店舗の商品券、日用品・雑貨品、寄付等といった様々なサービスと交換できる。

上記のサービスでは、利用者が好きなメニューを自由に選べるよう、中国電力は中国地域を基盤とする企業等が提供する「コラボレーションメニュー」を複数用意する予定。現在、同社は各企業との提携を図っている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.