> > 水力発電所の高圧電力、山梨県が3.5~6%ほど安く販売

水力発電所の高圧電力、山梨県が3.5~6%ほど安く販売

記事を保存

山梨県は、東京電力(東京都千代田区)と昨年10月に設立したブランド「やまなしパワー」の電力供給先として、同県内の高圧(標準電圧6,000ボルト)受電の企業等の募集を開始した。

同事業は、東京電力が山梨県企業局の水力発電所で発電された電力を買い取り、同県が公募により選定した県内の企業等に対し、通常の電気料金から3.5~6%減額した価格(2016年4月からの石油石炭税増税に伴い、6月に料金の改定あり)で電力の供給を行うもの。同県は売電収入による増収分を、子育て支援事業などで県民に還元する予定だ。事業期間は2019年3月まで。

同事業の募集概要は、下記の通り。

新しい企業、経営拡大する企業

2016年4月1日以降に県内に事業所を開設した企業、また、すでに県内に事業所を持つ企業が同事業期間内に新たな事業所を増設する場合の中小企業が対象。供給対象箇所の契約電力が2,000kW未満であること。

申請期間は2016年2月15日から2018年12月31日まで。随時の受付となるため、供給可能量との兼ね合いにより、申請期間内であって も募集を打ち切る場合がある。電力量料金単価は6%低減。

既存企業

2016年4月1日時点で、既に同県内に事業所をもち経営を行っている中小企業者が対象。供給対象箇所の契約電力が500kW未満であること。

申請期間は2016年1月29日まで。電力量料金単価は3.5%低減。採択された場合、3月10日ごろに決定通知が送付される予定。なお、原則として採択事業者側からの中途解約はできない。

【参考】
山梨県 - 電力供給ブランド「やまなしパワー」の供給先の募集開始について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.