> > 冷蔵庫・冷凍庫の省エネラベル、省エネ基準達成が★5つ必要に

冷蔵庫・冷凍庫の省エネラベル、省エネ基準達成が★5つ必要に

 印刷 記事を保存

経済産業省は、小売事業者が表示する統一省エネラベルにおける多段階評価基準の改正(案)等に対する意見公募(パブリックコメント)を12月29日より開始した。意見募集の期間は1月27日まで。寄せられた意見は最終的な決定における参考とする。

改正案には、電気冷蔵庫・電気冷凍庫について、新たなトップランナー基準に則した多段階評価(省エネ性能を5つの星で示したもの)の改正と、年間目安電気料金の規定の改正が盛り込まれている。本改正は2016年3月公布・施行を予定している。

小売事業者における表示制度とは

2006年4月に改正・施行した省エネ法(エネルギーの使用の合理化に関する法律)において、エネルギー消費機器の小売の事業を行う者(小売事業者)は、エネルギー消費性能の表示等の情報を提供するよう努めなければならないことが規定された。

これを受けて、経産省の小委員会で、3つの表示内容を含む小売事業者が取り組むべきガイドラインが取りまとめられた。

(※全文:1,817文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.