> > 静岡県に「食品廃棄物によるバイオガス発電所」 燃料、資金、運営も地産地消

静岡県に「食品廃棄物によるバイオガス発電所」 燃料、資金、運営も地産地消

 印刷 記事を保存

アーキアエナジー(東京都港区)は、「食品リサイクルと地方創生の融合」を目指し、静岡県内の食品残渣から発生させたガスで発電する「牧之原バイオガス発電所」の建設を開始した。総工費18億円、発電開始は2016年10月の予定。

650kW×24時間、年間340万kWh

牧之原バイオガス発電所は、静岡県牧之原市に現在建設中である食品残渣の中間処理施設・発電施設。なお、東海地区最大規模のバイオガス発電所でもある。

同発電所では、近隣および静岡県内から受け入れた1日当たり80トンの食品残渣を、嫌気性状態のタンク内で微生物による分解発酵させ、バイオガス(メタンガス:60%程度・CO2:40%程度)を発生させる。これを使い熱電供給をする発電機(バイオガス専焼コージェネレーションシステム)の出力は650kW(24時間稼働)で、年間340万kWhの電力を供給。これは一般家庭の約600世帯分の電力に相当し、立地する地元地区の全世帯を賄うこともできる。

(※全文:1,496文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.