静岡県に「食品廃棄物によるバイオガス発電所」 燃料、資金、運営も地産地消

  • 印刷
  • 共有

アーキアエナジー(東京都港区)は、「食品リサイクルと地方創生の融合」を目指し、静岡県内の食品残渣から発生させたガスで発電する「牧之原バイオガス発電所」の建設を開始した。総工費18億円、発電開始は2016年10月の予定。

650kW×24時間、年間340万kWh

牧之原バイオガス発電所は、静岡県牧之原市に現在建設中である食品残渣の中間処理施設・発電施設。なお、東海地区最大規模のバイオガス発電所でもある。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事