> > 電力自由化・ガス自由化の意識調査 新電力は「将来性・成長力・好感」を評価

電力自由化・ガス自由化の意識調査 新電力は「将来性・成長力・好感」を評価

 印刷 記事を保存

電通(東京都港区)は、1月22日、来る4月の電力自由化に向けて、2015年11月上旬に実施した「エネルギー自由化に関する生活者意識調査」の結果を発表した。

今回の調査は2015年11月上旬、全国20~69歳の男女5000人を対象に、インターネット調査で実施した。なお、この調査は2回目で、1回目(2014年12月)との比較も可能だ。

電力自由化、名前は普及するも内容には至らず

電力自由化を知っている人の割合は全体の62.2%(46.9%)だが、内容まで知っている人は8.9%(6.5%)となった。どちらも前回よりはどちらも伸びているが、内容まで知っている人が少ないのが現状だ。

※かっこ内は第1回調査

電力の購入先の変更を検討している人は全体の21.0%(16.9%)。なお、検討するが、変更するかどうかわからないと考えている人までを含めると80.0%(73.7%)に達した。

生活者の求めているもの 「安心・安定・安価」

従来の「電力会社」のイメージは「信頼・安心・技術力・誠実・品質・規模」に評価が集まった。一方、「新電力会社」は「将来性・成長力・好感」の評価が高い。

(※全文:2,347文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.