> > 太陽光発電でゴミ圧縮&通信する「スマートゴミ箱」 東海大学で実証実験スタート

太陽光発電でゴミ圧縮&通信する「スマートゴミ箱」 東海大学で実証実験スタート

 印刷 記事を保存

日本システムウエア(東京都渋谷区、通称NSW)は、東海大学と共同で、ゴミ収集の効率化を検証するためスマートゴミ箱「BigBelly Solar(ビッグベリーソーラー)」を同校キャンパス内に設置し、1月21日より実証実験を開始する。

同社と共同で実証実験を行うのは、東海大学情報通信学部組込みソフトウェア工学科の撫中達司(むなかたつじ)教授の研究チーム。東海大学は、撫中教授の研究室のもと、「BigBelly Solar」を大学に導入することで、ゴミ収集に関わる運用全般がどのように改善でき、どのような効果をもたらすかを体現できるかを確認し、同システムがゴミの収集効率化以外の視点でも社会にどう役立てるのか検証する。

データ通信・ゴミ圧縮が可能なゴミ箱

「BigBelly Solar」は、米BigBelly Solar社が開発した、太陽光発電機能を有した通信機能を搭載する環境配慮型ゴミ箱。携帯電話網を通じてゴミの蓄積状況をリアルタイムで発信する機能により、収集頻度や人員配置、ゴミ箱配置の最適化など、収集作業を効率化しコスト削減を実現する。

(※全文:973文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.