> > ワイヤレス充電できる電動バス、公道での走行試験スタート 早大・東芝が開発

ワイヤレス充電できる電動バス、公道での走行試験スタート 早大・東芝が開発

記事を保存
ワイヤレス充電できる電動バス、公道での走行試験スタート 早大・東芝が開発

早稲田大学と東芝は、電源コードなどを接続しなくても遠隔給電が可能な最新のワイヤレス充電装置とリチウムイオンバッテリを搭載した、「先進電動バス『WEB-3 Advanced』」の開発に成功し、2月1日より公道実証試験を開始した。

本研究は、環境省が公募した「CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業」における採択課題で、早稲田大学と東芝は、電動バスの実証事業に係る委託先として選定された。事業期間は2014年度より2016年度までの予定。

公道実証試験は、国際戦略総合特区である川崎市殿町のキングスカイフロント地区および羽田空港周辺地域において、川崎市・全日本空輸の協力を得て実施する。

短距離走行+高頻度充電でバッテリーサイズ縮小

早稲田大学は、2002年度より先進電動バス「WEB(Waseda Electric Bus)」の研究開発を続けている。WEBシリーズは、電気自動車の実用化にむけて技術的・コスト的ハードルとなっている「大きく・重たく・高価な」バッテリの搭載量を最小限とし、バスターミナルに戻ってくる都度充電する「短距離走行・高頻度充電コンセプト」を採用したユニークな電動バス。

また、高頻度となる充電作業を「短時間・安全・手間いらず」で行うために、本事業を通して東芝が新規開発した磁界共鳴型ワイヤレス充電装置を搭載している。このコンセプトの採用により空車重量と車両初期コストの削減、充分な車室空間の確保、さらには運転席におけるボタン操作のみでの充電が可能となった。

実証試験に様々な目的

公道での走行を通して、普及の際のポイントとなる充電作業に係る利便性を検証すると共に、CO2削減効果やランニングコスト削減効果、さらには乗車環境の改善効果や周囲環境へ与える負荷の微小性の評価等も行う。これらの成果を公開することで、「ヒトにも地球にも優しいワイヤレス充電型電動バス」をPRし、社会における認知度と受容性を高める。実証試験は同事業が終了となる2016年度末ころまで実施される予定。

先進電動バス「WEB-3 Advanced」概要

名称は「Waseda Electric Bus-3 Advanced(WEB-3 Advanced)」。空車重量は5,990kgで定員は31名。寸法はL6.99×W2.08×H3.10m。モータはPM同期型(UQM「PowerPhase145」、最高出力145kW。バッテリはリチウムイオン型(TOSHIBA「SCiB(TM)」12直列3並列/40kWh/331V)。充電装置はワイヤレス磁界共鳴型(TOSHIBA Wireless Charger:44kW@105mm-gap)。航続距離は最大50km(公道走行・空調OFF時)で、電力消費率は約1.5km/kWh(公道走行・空調OFF時)。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.