> > 京大、バイオマス中の成分量を正確に測定する新手法を開発

京大、バイオマス中の成分量を正確に測定する新手法を開発

 印刷 記事を保存

京都大学は18日、MRI(核磁気共鳴画像法)と同様な原理に基づく分析法「NMR(核磁気共鳴)法」を用いることで、多成分系である木質バイオマス中の各成分の物質量を正確に決定する手法を世界で初めて開発したと発表した。これにより、木質バイオマスからバイオエネルギーや各種製品の原料を獲得する工程の確立が促進されることが期待される。

これまでの解析法はノイズが多かった!

木質バイオマスの溶液中に、どのような物質がどの程度の量存在するのかを解析するのには、NMR法の一種であるHSQC法が最も有効で、現在広く使われている。しかし、この手法で得られた物質量には、各成分毎に異なる分子量や化学構造に依存した歪みが含まれており、得られた値は真の値とは異なる。両者の値が50%程度異なってしまう事も頻繁に生じている。

今回NMR法の一種であるTROSY法によってこの歪みを求め、求めた歪みに基づいて上記の物質量を較正することで、歪みがない真の物質量を決定する手法を開発した。木質バイオマスを用いてこの手法の有効性を検証した結果、正しい物質量が得られることが確認された。今回開発した手法は、物質量の定量に歪みをもたらすあらゆる因子を一網打尽にして排除することができるオールマイティな手法だという。

(※全文:951文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.