> > 民間4社、太陽光発電パネルのリユース・リサイクルサービスを開始

民間4社、太陽光発電パネルのリユース・リサイクルサービスを開始

 印刷 記事を保存

太陽電池パネルのリユース・リサイクル行うアールツーソリューション(東京都中央区)は、2月29日にウェブサイトを開設した。

同社は、市川環境エンジニアリング(千葉県市川市、廃棄物処理・リサイクル事業)、ネクストエナジー・アンド・リソース(長野県駒ヶ根市、太陽光発電設備製造販売)、近畿工業(兵庫県三木市、リサイクル機器製造)、リサイクルテック・ジャパン(名古屋市港区、リサイクル・リュース事業)の4社が共同出資し、設立した合同会社で、3月1日より営業を開始している。

同社は、廃棄太陽光パネルのリユース・リサイクルを一括で行うほか、同事業におけるリユース検査方法の確立、リサイクル専用機器の開発、収集運搬システムの検討、潜在顧客の開拓、同事業に関するサービスの事業化の検討などを行っていく。

(※全文:848文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.