> > 2015年の年間日射量、例年より「東多西少」だった 日本気象協会の分析レポート

2015年の年間日射量、例年より「東多西少」だった 日本気象協会の分析レポート

記事を保存

日本気象協会は、2月29日、2015年の日本全国の年間日射量の傾向を発表した。

2015年の年間日射量の傾向は下記の通り。

2005年~2014年までの例年に比べて、「東多西少」の傾向

2015年の推定日射量(例年比)
  1. 北日本(北海道北部を除く)と東日本は「多い」傾向。これらの地域は4月下旬から5月下旬にかけて晴れの日が多く、7月の日射量も多くなった。
  2. 太平洋側の地域を中心に10月の日照時間が記録的に多くなった。
  3. 特に東北地方では、仙台で年間日照時間が観測史上1位を記録するなど、日照時間が多い傾向がみられた。
  4. 西日本の日射量は、太平洋側を中心に「やや少ない」、九州南部で「少ない」傾向。これらの地域は、6月と7月に曇りや雨の日が多くなったことや、8月中旬以降には太平洋側を中心に台風の影響も多く受けたことが要因で、日射量が少なかった。
  5. 沖縄・奄美は、奄美地方北部では「少ない」傾向がみられ、沖縄本島南部から南西諸島では「やや多い」傾向。
  6. 日本全国を大きく「北日本・東日本」と「西日本」に分けて分析した場合、「北日本・東日本」では日射量が多く、「西日本」では少ない傾向が見られた。

前年(2014年)比では日本海側で「前年並」、太平洋側で「やや少ない」傾向

2015年の推定日射量(前年比)

2015年の日射量は、前年(2014年)と比べ、東日本・西日本の日本海側の地点で「前年並」、東北地方で「やや多い」傾向が見られた。このほかの地域は、「やや少ない」傾向だった。

2015年の日射量の傾向

2015年の日射量の傾向

同協会は、新エネルギー・産業技術総合開発機(NEDO)の研究事業を通じ、全国約840地点のアメダスで観測された日照時間から全天日射量を高精度で推定するモデルを開発し、日射量をリアルタイムに推定している。このデータは「アメダス推定日射量」としてオンラインで提供されており、1992年以降のデータはデータベース化されている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.