> > 海運業、温室効果ガスをどう削減する 日本とEU、対策の協力で一致

海運業、温室効果ガスをどう削減する 日本とEU、対策の協力で一致

 印刷 記事を保存

国土交通省およびEU欧州委員会運輸総局海事局は、2月23日、ベルギー・ブリュッセルにおいて開催した「第9回日EU海事政策対話」で、国際海運からの温室効果ガス排出削減対策の協力について一致した。

具体的には、船舶の燃費報告制度に係るMARPOL条約(海洋汚染防止条約)改正に向けて協力する。MARPOL条約は、船舶の航行に起因する環境汚染(油、有害液体物質、危険物、汚水、廃棄物及び排ガスによる汚染等)を防止するため、構造設備等に関する基準を定めた国際条約。今後、IMO(国際海事機関)において、燃費報告制度の導入に向けた同条約改正の審議が行われる予定。

国土交通省は3日、本政策対話の結果概要をとりまとめ報告した。主な協議結果は以下のとおり。

(※全文:1,971文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.