> > 国内の地熱利用事例がわかるイベント「地熱マルシェ」 3月末に二子玉川で開催

国内の地熱利用事例がわかるイベント「地熱マルシェ」 3月末に二子玉川で開催

 印刷 記事を保存

地熱マルシェ実行委員会は、3月26日(土)~27日(日)の2日間、iTSCOM STUDIO&HALL 二子玉川ライズ(東京都世田谷区)にて、地熱資源開発の様々な事例が見られるイベント「地熱マルシェ」を開催する。

「地熱マルシェ」は、地熱資源開発に対する国民の理解を目的としたイベントで、今年2月より、地熱資源の豊富な九州、東北、北海道の3都市で開催されてきており、今回の東京で行われる同イベントが総仕上げとなる。関東エリアでは唯一の地熱発電所が八丈島にある。

同イベントでは、現在稼働している地熱発電所からの熱供給・熱水供給を活用して生産された食品や産品などを販売する「物産展」、3都市で開催した地熱開発に関する「ワークショップ」の成果発表などがおこなわれる予定だ。開催時間は、各日とも11時から18時まで。

主な出展事業者および団体は、下記のとおり。

(※全文:1,195文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.