> > 国連で決まった「持続可能な開発目標」 先行事例を聞けるイベントが開催予定

国連で決まった「持続可能な開発目標」 先行事例を聞けるイベントが開催予定

記事を保存

環境省は3月25日に、環境の側面からの「持続可能な開発目標(SDGs)」の実施を推進するために、取り組み事例を共有する場として開催予定の「ステークホルダーズ・ミーティング」の準備会合を開催する。

準備会合では、様々な分野で活躍する専門家がSDGsに関する国内外における取組みの状況を報告するとともに、ステークホルダーズ・ミーティングをはじめ、SDGsの環境の側面に着目した実施の推進について、今後の方向性について議論する。今回の準備会合は公開で行い、参加費は無料。

開催趣旨・概要は下記のとおり。

先行事例を共有して、

2015年9月、国連サミットにおいて、2030年までの国際社会の目指すべき目標として「持続可能な開発のための2030アジェンダ」(2030アジェンダ)が採択された。このアジェンダの中核は「持続可能な開発目標(SDGs)」であり、日本を含む各国がこの達成に向けて取り組む必要がある。

SDGsの環境の側面に関しては、(1)SDGsには多くの環境関連ゴール・ターゲットが含まれ、(2)実施に向けて多様な主体が関与しており、(3)実施に向けた取り組みは多様であり、先行事例を見つつ、創意工夫が必要である、という背景がある。このため、率先して取り組む事例を共有することで、先駆的な活動として評価し、他者がSDGsの活動を検討・実施する際に参考にできるものと考えられる。先駆的な活動を共有し、認め合う場として、ステークホルダーズ・ミーティングを開催する予定。SDGsの概念を社会に浸透させ、実施に向けて機運を高めることにもつながると期待している。今回は、そのための準備会合として開催するもの。

開催概要

名称

持続可能な開発目標(SDGs)「ステークホルダーズ・ミーティング」準備会合

日時

3月25日(金)10:00~12:30

場所

東海大学校友会館 霞・三保・東海の間(千代田区霞が関3-2-5霞が関ビル35階)

定員

80名(一般公開)

言語

日本語

参加費

無料

主催

環境省、公益財団法人 地球環境戦略研究機関(IGES)

議題(予定)

  1. SDGsの環境の側面に注目した実施の推進について
    「ステークホルダーズ・ミーティング」の設置提案等
  2. SDGsの国内推進体制とフォローアップ・レビューについて
  3. SDGsに関する国内外における動き(NGO、産業界、アカデミアの取組み等)について

参加申し込み方法

参加希望の方は、IGESのウェブサイトより23日(水)の12時までに申し込む。詳細はウェブサイトを参照のこと。

【参考】
環境省 - 「持続可能な開発目標(SDGs)『ステークホルダーズ・ミーティング』準備会合」の開催について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.