> > 環境省、気候変動対策の国民運動「COOL CHOICE」推進でローソンと連携

環境省、気候変動対策の国民運動「COOL CHOICE」推進でローソンと連携

 印刷 記事を保存

環境省は、ローソンと連携し、店頭POSレジ画面やローソン学習帳等を通じて、省エネ・低炭素型の製品・サービス・行動など、気候変動対策に役立つ「賢い選択」を促す国民運動「COOL CHOICE」の認知度向上を図る取組みを実施する。

具体的には、身近な生活のなかで、未来のために、今選択できるアクションへの参加を呼びかけるため、3つの連携施策を展開する。1つ目は、POSレジ画面での掲出で、レジ袋削減のためのローソンオリジナル「コンビニecoバッグ」、気候変動対策に貢献する「CO2オフセット」、さらに「ローソン店舗のLED照明化」や「地域の環境活動」が「COOL CHOICE」であることを伝える3タイプの映像を作成し、POSレジ画面で放映する。4月下旬から、対象店舗数1万1,452店舗(※2月末日時点)で行う。日数は4月は6日間、以降は毎月1~3日程度を予定している。

(※全文:1,322文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.