> > カルビー、店頭のPOPなどをカーボン・オフセット対応に 年間1,400トン見込む

カルビー、店頭のPOPなどをカーボン・オフセット対応に 年間1,400トン見込む

記事を保存
カルビー、店頭のPOPなどをカーボン・オフセット対応に 年間1,400トン見込む

販促物の制作・調達を手掛ける、カルビー(東京都千代田区)のカルネコ(CalNeCo)事業部は、4月1日から、販売するすべての店頭販促(POP)用の陳列用立体什器やポスターにおいて、CO2をカーボン・オフセットできるサービスを導入する。これらの商品を購入した企業はJ-VER(オフセット・クレジット)の付いた商品購入を通じて森林支援や環境貢献に繋がる取り組みをCSR報告書に記載できる。

本サービスとして、同事業部は、4月1日からカーボン・オフセット制度を取り入れた店頭POP用の什器やポスターの受注・生産を開始する。また、新たに飯能市に施設を設け、これまでコストの関係で不可能と言われていた陳列用立体什器1個からの制作も行う。自社で制作を行うことで、実現性の高いコストで什器を提供する。このことにより、店頭ツールの在庫や廃棄の問題を解決すると同時に、少数ロットでの制作で販促費を削減し、企業の環境貢献もサポートする。

年間約1,400トンのオフセットを予定

同事業部では、店頭ツールを実需調達できるシステムを構築することにより、無駄な大量発注による販促費を削減してきた。

これまでは、カルネコの店頭POP用の什器やポスターを届ける外装材(ダンボール)を製造する上で排出するCO2を、森林支援を通じて購入したJ-VERクレジットでオフセット(相殺)していた。外装材だけで年間214トンの排出量をオフセットしたが、今後はすべての製品のオフセットを予定しており、年間約1,400トンのオフセットを予定している。オフセットされたCO2は、販促物を購入した企業に付加される。

カーボン・オフセットとは

カーボン・オフセットとは、日常生活や経済活動において排出されるCO2などの温室効果ガス(GHG)の排出について、削減努力を行い、それでも削減できない量を、他の場所で実施された削減・吸収活動から創出されたクレジットで相殺し環境貢献をすることをいう。

J-VER(オフセット・クレジット)は、カーボン・オフセットの仕組みを活用して、国内で実施されるプロジェクトによる削減・吸収量を認証する、環境省のオフセット・クレジット(J-VER)制度に基づいて発行されている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.