> > ガス自由化の検討スタート 参入事業者の事前登録や取引ルールなど議論

ガス自由化の検討スタート 参入事業者の事前登録や取引ルールなど議論

 印刷 記事を保存

4月1日、昨年6月に成立した改正電気事業法等に基づいて、電力取引監視等委員会の所掌事務にガス事業法および熱供給事業法に関する事務が追加され、名称が「電力・ガス取引監視等委員会」に変更された。

また、同日、ガス・熱業務に関する事務の追加後初となる委員会(第26回)を開催した。本委員会では、本業務追加に伴う当面の主要な課題として、来年4月に予定されるガス小売りの全面自由化の実施などに向け、当面、主に「ガス小売事業者の事前登録に関する審査」や「ガス市場における適正な取引の確保のためのルール整備」などの項目について検討・審議を進めていく。

その他、ガス・熱の適正な取引の監視およびネットワーク部門の中立性確保のため、必要なルール作りなどに関して、経済産業大臣に「意見・建議」を行う。

(※全文:2,069文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.