> > 鹿島建設が管理するビル、また「トップレベル事業所」に CO2削減義務率を半減

鹿島建設が管理するビル、また「トップレベル事業所」に CO2削減義務率を半減

 印刷 記事を保存

鹿島は7日、管理・運営を行っている虎ノ門タワーズ オフィス(東京都港区)が、東京都のキャップ&トレード制度において、2010年度申請の第一計画期間に引き続き、2015年度申請の第二計画期間でもトップレベル事業所として再認定されたと発表した。

東京都の本制度は、オフィスビルも含めた大規模事業所にCO2排出量の削減義務を課すもの。第一計画期間(2010~2014年度)に続き、第二計画期間(2015~2019年度)を実施中である。第二計画期間の削減義務率(2015~2019年度の平均)は、基準排出量(原則:2002~2007年度までのいずれか連続する3カ年度平均値)比で、15%または17%。

(※全文:1,519文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.