> > 落差がない農業用水路にも設置できる! 新開発、フラッター方式の小水力発電

落差がない農業用水路にも設置できる! 新開発、フラッター方式の小水力発電

 印刷 記事を保存

福岡工業大学(福岡県福岡市)は12日、落差がない流れの緩やかな水路に低コストで設置できる小水力発電システム、「フラッター水力発電装置」を開発し、本装置に関する技術発明の特許権を取得したと発表した。

フラッター水力発電装置は、従来の水車を利用した発電装置とは異なり、水中翼が流れに対し左右に往復運動して発電する。落差が不要で低流速から発電でき、また、高速回転部を持たず構造がシンプルで、ごみの付着や詰まりに強く、水中生物に安全といった特徴がある。

水路の形を変えるような大きな工事を伴わなくても、台座を据え付けて固定するだけで設置が可能という利点があり、農業用水路向け小水力発電機としても適している。また、ゆっくりとした流れでも発電できるため、送電線を引くことが難しい地域での小規模な自然エネルギー利用のニーズに応えられると考えられている。

例えば、LED外灯の点灯や災害時の非常用電源、電動農機具の夜間充電等への活用が期待され、バッテリーへの充電と放電の組み合わせを最適に制御して、電力を更に有効利用するための研究も行っている。

(※全文:1,532文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.