> > 全国の住宅用太陽光発電からあつめたFIT電気を販売するプランが登場

全国の住宅用太陽光発電からあつめたFIT電気を販売するプランが登場

記事を保存
全国の住宅用太陽光発電からあつめたFIT電気を販売するプランが登場

NTTスマイルエナジー(大阪府大阪市)は13日、これまでの電力会社の電気料金とほぼ同額で、昼間の時間帯に太陽光発電(FIT電気)100%で供給する電力プラン「太陽のでんき」の提供を5月中旬より開始すると発表した。

太陽光発電の遠隔モニタリングサービス「エコめがね」のオーナー向けに、同社と新電力最大手のエネットが共同でつくりあげた電気プランとして、全国の販売パートナーを通じて販売する。サービスの対象は沖縄と一部離島を除く地域。

あわせて、顧客の契約を代行する太陽光発電の販売会社を販売パートナーとして募集する。その説明会を4月21日より全国で順次開催する。この電力プランへの申込みは、NTTスマイルエナジーと業務委託契約を締結した販売パートナーを通じて行う。

約8,000カ所の小規模太陽光発電から電気を調達

このサービスの大きな特徴は、合計約27万kW、全国に約8,000カ所ある小規模太陽光発電設備からFIT電気(※)を調達して、昼間(8:00~16:00)の時間帯にFIT電気(太陽光)100%を供給することだ。

供給元が日本全国に分散しているため、どこかの地域の天候が不安定でも、安定してFIT電気(太陽光)を調達できるという。

※FIT電気:FITによる交付金を受け、賦課金により賄われている電気をいう。

また、料金体系、料金単価は2016年3月まで契約していた電力会社の提供する規制料金メニュー(従量電灯A、BもしくはB、C)とほぼ同等を予定している。

太陽光発電の売電量に応じてポイントを付与

また、独自のポイントサービスも実施する。家庭に設置されている太陽光発電でつくられ、消費しきれなかった電気は系統を通じて電力会社へ売電され、系統でつながっている近隣地域で消費される。NTTスマイルエナジーはこの売電を「太陽光の電気のおすそわけ」と捉え、日中に省エネすることでおすそわけを増やしてもらうことを応援するために、売電量(「エコめがね」にて計測された)に応じて電気代の支払いに利用できる「エコめがねおすそわけポイント」として付与する。

サービス提供イメージ図

サービス提供イメージ図

また、すべての顧客の電気代の1%に相当する金額を「再エネ応援ポイント」としてプールし、今後新たに太陽光発電を設置される方への導入支援金として、販売パートナーを経由して活用する。

「太陽のでんき」を利用する条件として、電気を利用する場所で、(1)NTTスマイルエナジーの太陽光発電遠隔モニタリングサービス「エコめがね」を利用していること、(2)余剰買取方式の太陽光発電を設置していることをあげている。

NTTスマイルエナジーエネットについて

NTTスマイルエナジーは、NTT西日本とオムロンの共同出資により2011年6月に設立。以来、太陽光発電遠隔モニタリングサービス「エコめがね」の販売を手掛けてきた。現在では約2,100の販売パートナーと共に、87万kW以上の太陽光発電設備を見守っており、またエネットと共同で小規模太陽光発電設備のFIT電気(太陽光)を調達し、販売する準備を進めてきた。

エネットは、2000年7月に、NTTファシリティーズ東京ガス、大阪ガスが設立。以来、LNG(液化天然ガス)発電をはじめ、太陽光・バイオマスなどの再生可能エネルギーも積極的に調達し、自社発電所の電気と組み合わせて、クリーンで安定した電気を供給する事業を展開している。2015年3月末時点では全国2万件の顧客に、年間約110億kWhの電気を供給し、新電力の中ではトップシェアを誇る。

現在の日本の電源構成のうち太陽光発電の割合はわずか数%、政府が設定した2030年の電源構成においてはその割合を7%まで引き上げる方針が示されている。NTTスマイルエナジーエネットは「太陽のでんき」を通じて、太陽光発電の更なる普及を応援していく考えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.