> > サニックス、業績下方修正 太陽光発電事業の接続負担金の回答得られないため

サニックス、業績下方修正 太陽光発電事業の接続負担金の回答得られないため

 印刷 記事を保存

サニックス(福岡県福岡市)は、4月15日に開催した取締役会において、2月12日公表の2016年3月期通期の連結業績予想数値の下方修正を行ったと発表した。

売上高については、SE(ソーラーエンジニアリング)事業部門の太陽光発電事業における売上高未達により、前回予想値より0.8%減となる見込み。これは、施主が電力会社に対して接続申し込み後、接続負担金の回答が得られるまでの期間が想定より長めに推移することを考慮し2月12日に業績予想を修正していたが、一部接続負担金の回答が得られず、工事に至らなかった案件があるため、予想値の下方修正を行った。

下方修正された予想数値は下記のとおり。(単位:百万円)

(※全文:1,165文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.