> > 経産省の「エネルギー革新戦略」が決定 2030年には民間投資28兆円めざす

経産省の「エネルギー革新戦略」が決定 2030年には民間投資28兆円めざす

 印刷 記事を保存

経済産業省は、昨年7月に策定した2030年のエネルギーミックス(長期エネルギー需給見通し)で示した、徹底した省エネ再エネ最大導入などの野心的な目標の実現に向けて、関連制度の一体的整備を行うため、「エネルギー革新戦略」を4月18日に決定したと発表した。

本戦略を通じて、エネルギー投資を促し、エネルギー効率を大きく改善させ、「強い経済」と「CO2抑制」の両立をめざす。また、本戦略の実行により、2030年度には、省エネや再エネなどのエネルギー関連投資28兆円、うち水素関連1兆円の効果が期待される。

本戦略では、具体的施策については「徹底した省エネ」「再エネの拡大」「新たなエネルギーシステムの構築」の3つの柱で、また今後のエネルギーを巡る新たな取組みについて「エネルギー革新戦略による新たな展開」としてまとめている。

主なポイントは以下のとおり。

(※全文:1,916文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.