経産省の「エネルギー革新戦略」が決定 2030年には民間投資28兆円めざす

  • 印刷
  • 共有

経済産業省は、昨年7月に策定した2030年のエネルギーミックス(長期エネルギー需給見通し)で示した、徹底した省エネ再エネ最大導入などの野心的な目標の実現に向けて、関連制度の一体的整備を行うため、「エネルギー革新戦略」を4月18日に決定したと発表した。

本戦略を通じて、エネルギー投資を促し、エネルギー効率を大きく改善させ、「強い経済」と「CO2抑制」の両立をめざす。また、本戦略の実行により、2030年度には、省エネや再エネなどのエネルギー関連投資28兆円、うち水素関連1兆円の効果が期待される。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報