> > アーモンド・ピスタチオ・ぶどう畑で太陽光発電 米国のソーラーシェアリング

アーモンド・ピスタチオ・ぶどう畑で太陽光発電 米国のソーラーシェアリング

記事を保存
アーモンド・ピスタチオ・ぶどう畑で太陽光発電 米国のソーラーシェアリング

ソーラーフロンティア(東京都港区)は19日、米国カリフォルニア州の大手EPCプロバイダーであるスタテンソーラー社が手掛ける16件の農場向けの太陽光発電プロジェクトにおいて、CIS薄膜太陽電池が採用されたと発表した。

これらの太陽光発電所は、カリフォルニア州トゥーレアリ郡とカーン郡にある、アーモンド、ピスタチオ、葡萄などの農場に立地する。各発電所の規模は最大522kWで、現在16件のうち3件が運転開始しており、残る13件についても2016年中に竣工する予定。

スタテンソーラー社は、太陽光発電における専門知識を活かして、農家が運営経費を削減するために役立つエネルギーソリューションを提供する。今回のプロジェクトでは、独自技術で開発した農地の地形を活かすことのできる架台など施工技術を採用している。またソーラーフロンティアのCIS薄膜太陽電池の採用によって、熱や影などの影響を受けにくく、高い実発電量が期待されている。

これにより、低コストで開発される発電所群は法令に合致するとともに、各農場の既存施設と共存し、長期にわたる安定的で優れた経済性をもたらすビジネスモデルを提供する。

スタテンソーラー社の会長兼マネージングディレクターであるサンディパン・バノット氏は、「当社は、暑いセントラルバレーにおいてお客様のニーズに合った最高のソリューションの提供を目指しているが、ソーラーフロンティアのCIS薄膜太陽電池は実際の設置環境下において優れた実発電量を発揮すると言う点で最適な選択肢だ」と語っている。

ソーラーフロンティア昭和シェル石油の100%子会社。同社が生産・販売するCIS薄膜太陽電池は、銅、インジウム、セレンを使用して、独自技術で生産する次世代太陽電池。原料からリサイクル処理まで高い環境意識で設計・生産されている。2011年2月より商業生産を開始した同社の国富工場(公称生産能力900MW)は、CIS薄膜太陽電池の生産工場として世界最大。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.