> > 配電する間に失う電力、最小限に 早稲田大学など、最新技術の実証実験スタート

配電する間に失う電力、最小限に 早稲田大学など、最新技術の実証実験スタート

記事を保存
配電する間に失う電力、最小限に 早稲田大学など、最新技術の実証実験スタート

早稲田大学(東京都新宿区)と、東京電力パワーグリッド(東京都千代田区)は4月20日、配電する間に失う電力を最小限にするため、2016年4月から2020年3月の間、共同実証試験を行うと発表した。

実際の配電網を使用して実証試験を実施

今回の実証実験では、実システムに適用可能で、配電損失が最小となる配電網構成最適化システムを東京電力パワーグリッドと早稲田大学が共同で開発する。

まず、高速で演算できるプログラムを組み込んだ最適化システムに、配電制御システムを通してセンサを内蔵した自動開閉器の計測電力情報を収集する。

次に、収集されたデータを活用して、配電損失電力が最小となる最適な配電網構成を導出する。

その後、各開閉器の配電網構成の切替を行い、配電網構成切替前後の配電損失電力削減量を評価する。

早稲田大学は、配電損失電力を最小化する手法を活用して、電気の流れを入り切りするスイッチの電圧・電流の計測を行う。そして、センサ内蔵開閉器などを電柱に設置した実際の配電網を用いて、電気の流れ方の最適化を検証する。

東京電力パワーグリッドは、早稲田大学の得たデータを用いて、損失電力の削減効果を実測で評価・検証し、配電損失電力が最小となる配電網構成の運用を検討する。

なお、今回の実証実験では一部地域の実際の配電網を使用する。配電網の電力損失最小化を目的とした最適な設備構成に関して、実際の配電網を活用した実証試験を実施するのは国内初の取り組みだ。

先進的なイノベーションを支援する「CREST」

科学技術振興機構(JST、埼玉県川口市)では、我が国の社会的・経済的ニーズの実現に向けた戦略目標に対して、インパクトの大きなイノベーションシーズを創出するための研究プログラム「CREST」を実施している。本プロジェクトでは電力のみならず、生物多様性やビッグデータなど、幅広い分野において実証されている。

CRESTの事業の流れ

CRESTの事業の流れ

【参考】
JST - 国内初、スマートグリッド実現に向けた配電網の電力損失最小化の実証試験開始

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.