> > アジアの環境影響評価、これからどうする 名古屋で解決策を考える国際会議

アジアの環境影響評価、これからどうする 名古屋で解決策を考える国際会議

 印刷 記事を保存

環境省は、5月10日に愛知県名古屋市で開催した、アジア地域における環境影響評価に関する国際会議の結果概要をまとめ公表した。

本会議では、アジア各国の局長級をはじめとする政府関係者等を招聘し、環境影響評価に携わる関係者のネットワークを維持・発展させ、課題の解決に向けたニーズとグッドプラクティスのマッチング、各国間や国際機関等との連携に向けたきっかけづくり、将来の政策ビジョンの形成を図った。

アジア地域の持続可能な開発の実現に向けて、環境アセスメントは有意義なツールであり、その推進のため各国間が連携し学び合うことが有意義であることが参加者により確認され、これを踏まえ、関係者は、今後も引き続き連携していくこととなった。

とりまとめられた議長サマリーの概要は以下のとおり。

(※全文:1,632文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.