> > NEDOや京大・トヨタなど30機関、新型蓄電池を開発へ 2030年には実用化

NEDOや京大・トヨタなど30機関、新型蓄電池を開発へ 2030年には実用化

 印刷 記事を保存

NEDOは18日、2030年の電気自動車(EV)への車載化を目指し、リチウムイオン電池(LIB)の性能を超える革新型蓄電池の実用化を促進する共通基盤技術を産学の連携・協調により開発すると発表した。

このプロジェクトでは、大学・研究機関、企業の連携(集中研方式)により、エネルギー密度や耐久性、安全性などの車載用蓄電池に必要な性能を高いレベルで両立させる研究開発を、容量5Ah級の蓄電池を試作して実施する。2030年にガソリン車並みの走行性能を有する普及価格帯のEVなどへの車載化を目指す。

事業名は「革新型蓄電池実用化促進基盤技術開発(RISINGII)」。事業総額は150~180億円(予定)。期間は2016年度~2020年度。本事業に係る公募を実施し、京都大学を代表提案機関とする共同提案者を委託予定先を決定した。共同提案者には、トヨタ、パナソニック、理化学研究所、早稲田大学など30機関が名を連ねる。

(※全文:1765文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.