> > シャープ、化合物3接合型の太陽電池モジュール(31cm角)で変換効率31.17%に

シャープ、化合物3接合型の太陽電池モジュール(31cm角)で変換効率31.17%に

 印刷 記事を保存

NEDOのプロジェクトの一環で、シャープは、研究レベルにおける太陽電池モジュールにおいて、世界最高の変換効率31.17%を化合物3接合型太陽電池で達成した。NEDOとシャープは19日、それぞれリリースを発表した。

今回の成果は、これまでの世界記録24.1%(2012年、Alta Devices)をはるかに超えるものである。試作されたモジュールは約31cm角(面積968平方cm)で、実用化に向けて十分な大きさを実現した。さらに軽量かつフレキシブルという特徴を兼ね備えており、発電コスト低減だけでなく、高効率化と軽量化が求められる自動車等への展開も期待される。

(※全文:1,252文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.