> > 北海道版「省エネ・再エネ大賞」 表彰されると金融機関から優遇措置も

北海道版「省エネ・再エネ大賞」 表彰されると金融機関から優遇措置も

 印刷 記事を保存

北海道は、6月1日より、省エネルギー機器の導入や新エネルギー利用設備・技術の開発、また省エネルギー・新エネルギーに関する普及啓発活動などで優れた成果をあげた取り組みについての募集を開始した。

この「平成30年度 北海道省エネルギー・新エネルギー促進大賞」は、省エネルギーの促進と新エネルギーの開発・導入の促進に関して、顕著な功績のある個人・団体を表彰する制度。北海道省エネルギー・新エネルギー促進条例に基づき、2002年度から実施されてきた。

入賞すると金融機関からの優遇措置やPR支援が

この事業には「省エネルギー部門大賞」・「省エネルギー部門奨励賞」・「新エネルギー部門大賞」・「新エネルギー部門奨励賞」の4つの賞があり、それぞれに賞状を贈呈する。

入賞すると、北海道がウェブサイト・イベント内での積極的なPRや、「表彰企業等プレミアム・パッケージ支援事業」によるPR支援が行われる。さらに、受賞者には「北海道グリーン・ビズ認定制度」の特別枠で認定され、シンボルマークの使用や金融機関での優遇措置(金融機関所定の審査あり)といったメリットがある。

今年度の募集概要は下記の通り。

(※全文:997文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.