> > よりよい土壌汚染対策を選ぶ新手法「サステイナブル・レメディエーション」

よりよい土壌汚染対策を選ぶ新手法「サステイナブル・レメディエーション」

 印刷 記事を保存

産業技術総合研究所は、土壌汚染対策の意思決定の新たな方法である「サステイナブル・レメディエーション(SR)」について、日本における適用の検討と研究開発を加速し、産学官・国際連携を強化するためにコンソーシアムを設立し、6月7日に第1回研究会を開催した。このコンソーシアムの活動により、日本における持続可能な土壌汚染対策のあり方を議論するととともに、実社会への展開を目指す。

サステイナブル・レメディエーション(Sustainable Remediation)とは、環境面のリスク・負荷を低減しつつ、社会的・経済的影響を含めてバランスのとれた土壌汚染対策方法を選択するための評価・意思決定手法である。

(※全文:1,123文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.