> > 日産、バイオエタノールで走る燃料電池車の技術を発表 ガソリン車並みの性能

日産、バイオエタノールで走る燃料電池車の技術を発表 ガソリン車並みの性能

記事を保存
日産、バイオエタノールで走る燃料電池車の技術を発表 ガソリン車並みの性能

日産自動車(神奈川県横浜市)は、14日、バイオエタノールから発電した電気で走行する新しい燃料電池システム「e−Bio Fuel−Cell」を発表した。SOFC(固体酸化物形燃料電池)が車両に搭載されるのは世界初。

この燃料電池システムは、エタノールの他にも多様な燃料と酸素との反応を利用し高効率に発電するSOFCを発電装置とたしシステムだ。車両に搭載された同システムは、車両のタンクに補給されたバイオエタノール(100%エタノールまたはエタノール混合水)から、SOFCによって発電した電力を車載バッテリーへ供給し、モーターで駆動する仕組みだ。

SOFCは、発電効率が高く、ガソリン車並みの航続距離(600km以上)が実現できる。また、電動駆動ならではの静かさや、発進・加速の感触は、電気自動車(EV)と同等だ。エネルギー充填時間もガソリン車並みに短く、24時間フル稼働できる。また、長時間安定的に発電できるため、冷凍便など幅広い配送に対応した電源供給も可能だ。

SOFCは、酸素と反応する燃料であれば発電が可能なため、燃料の多様性が特徴だ。特に、さとうきびやとうもろこしなどを原料にしたバイオエタノールは、北南米、アジアなど世界の多くの国で実用化され、広く流通している。特にブラジルなど、ガソリンスタンドで100%エタノールが供給できるインフラ環境が整っている国では、同システムの需要が見込める。

また、走行時に排出されるCO2は、原料となるさとうきびの成長過程で吸収するCO2と相殺され、カーボン・ニュートラル・サイクルも実現する。

同システムは、同社の「日産リーフ」や「日産e−NV200」などのEVや、大容量モーターと発電専用のエンジンを搭載した「e−Power」に搭載される。

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.