> > J:COM、下関エリアでも家庭向け電力小売事業 全サービスエリアで事業展開

J:COM、下関エリアでも家庭向け電力小売事業 全サービスエリアで事業展開

記事を保存

ケーブルテレビ大手のジュピターテレコム(J:COM)とケーブルネット下関(J:COM 下関)は15日、家庭向け低圧電力小売りサービス「J:COM電力 家庭用コース」について、8月より下関エリア(山口県下関市)でも提供を開始すると発表した。

これにより、今後は、全国15都道府県の全J:COMサービスエリア内約1,955万世帯(2015年9月末時点のJ:COMの放送・通信サービスの提供が可能な世帯数)を対象に電力サービスを提供することになる。


「J:COM電力 家庭用コース」は、J:COMサービスエリア内の一戸建ておよび集合住宅各戸を対象とした電力サービスで、本年4月から全国のJ:COMエリアで提供している。山口県内をサービスエリアとするJ:COM 下関については、サービスの内容・開始時期を検討中としていた。

(※全文:1223文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.