> > ベトナムのホテルにBEMS導入・省エネ化するプロジェクトがJCMに登録

ベトナムのホテルにBEMS導入・省エネ化するプロジェクトがJCMに登録

記事を保存
ベトナムのホテルにBEMS導入・省エネ化するプロジェクトがJCMに登録

経済産業省は 6月15日、JCM署名国であるベトナムにおける「LowCarbonHotel(低炭素ホテル)普及促進プロジェクト」に、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の事業が、JCMプロジェクトとして先月15日に登録されたと発表した。

登録された「ベトナム版V-BEMS開発によるホテル省エネ促進実証事業」は、ベトナムのハノイ、およびホーチミンの大型ホテルに、ボイラー、ヒートポンプLED照明などの高効率機器や、ベトナム仕様に開発した「ベトナム版ビルエネルギー管理システム(V-BEMS)」を導入し、ホテルの省エネ化、熱源機器の運転最適化を目的に技術実証を行うもの。同事業により、年間の温室効果ガスは294t-CO2の削減、省エネ効果は12%の削減が見込まれる。

ベトナムでは、今後もホテルに導入した各高効率機器を使用し、V-BEMSを活用した運転管理の見える化や、熱源機器の効率的な運転管理を実施することで省エネ化をはかり、削減したCO2排出量のモニタリングを行うとともに、JCMクレジットを発行していく予定だ。

実証サイトに導入した設備

実証サイトに導入した設備
1.V-BEMS  2.ボイラー  3.LED照明器具


なお、同事業は2013年に採択されたNEDOのJCM実証事業で、同省とNEDOで推進する実証事業としては2件目の登録。NEDOは今回の事業を、日比谷総合設備(東京都港区)、三菱UFJモルガン・スタンレー証券(東京都文京区)に委託し実施する。

二国間クレジット制度は、途上国への温室効果ガス削減技術、製品、システム、サービス、インフラ等の普及や対策を通じ、実現した温室効果ガス排出削減・吸収への日本の貢献を定量的に評価するとともに、日本の削減目標の達成に活用するもの。現在は、モンゴル、バングラデシュ、エチオピア、ケニア、モルディブ、ラオス、ベトナム、インドネシア、コスタリカ、パラオ、カンボジア、メキシコ、サウジアラビア、チリ、ミャンマー及びタイの計16か国と署名が行われている。

【参考】
経済産業省 - ベトナムにおける二国間クレジット制度(JCM)のプロジェクトが登録されました

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.