> > 廃棄物最終処分場から放流されるトリクロロエチレン、排水基準など強化

廃棄物最終処分場から放流されるトリクロロエチレン、排水基準など強化

記事を保存

トリクロロエチレンについて、廃棄物最終処分場からの放流水の排水基準、特別管理産業廃棄物の判定基準等の見直しを行う、廃棄物処理法の改正省令が20日に公布された。一部を除き、2016年9月15日から施行される。

これにより、トリクロロエチレンに関するものについて、管理型廃棄物最終処分場から排出される放流水の排水基準は0.1mg/L以下(現行0.3mg/L以下)に、廃棄物最終処分場周縁の地下水基準(全処分場共通)および安定型最終処分場の浸透水の基準は0.01mg/L以下(現行0.03mg/L以下)に改正される。

その他、トリクロロエチレンについて特別管理産業廃棄物に該当するものとして環境省令で定める基準や、最終処分場に埋立処分する際に産業廃棄物および特別管理産業廃棄物に含まれるトリクロロエチレンの基準等の改正が盛り込まれている。

トリクロロエチレンは、従来、衣料のドライクリーニング用および金属機械部品の脱脂洗浄剤等の溶剤として使用されてきた。現在では主に代替フロンガスの合成原料および機械部品・電子部品の脱脂洗浄剤として使用されている。

(※全文:3,011文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.