> > 山形県酒田市、LED防犯灯の調査・設置・リース事業者を募集 総額1.5億円

山形県酒田市、LED防犯灯の調査・設置・リース事業者を募集 総額1.5億円

記事を保存

酒田市は6月15日より、防犯対策の充実と省エネルギーの推進及び再生可能エネルギー活用等の取り組みの1つとして、LED防犯灯整備事業業務委託の公募型プロポーザルの実施を開始した。参加表明受付期間は2016年6月24日まで。

この事業は、酒田市内の宮野浦地区、旧公民館地区、旧3町地区の3箇所で酒田市が管理している防犯灯を、10年間のリース契約にてLED照明へ交換するもの。採択された企業は、事業実施にあたり調査・施工・メンテナンス、製品供給などの多様なサービスを提供する必要がある。取付工事は2016年12月31日までに完了させ、LED防犯灯のリース期間は、2017年1月1日から2026年12月31日までの10年間。

LED防犯灯の整備調査と、整備実施の提案金額などは以下のとおり。

(1)LED防犯灯整備調査

提案金額は上限7,986,000円(税込)。履行期間は契約締結日から2016年8月31日まで。

(2)LED防犯灯整備実施

提案金額は上限152,030,000円(税込)。履行期間は契約締結日から2026年12月31日までの120か月。

応募者は単独でもグループでもOK

応募者は、本事業を行う能力を有する単独企業、複数企業の構成員で構成されるグループまたは共同企業体とする。応募者の資格要件は以下のとおり。なお、グループまたは共同企業体の場合は、いずれかの構成員が下記の資格要件を満たしている必要がある。

  1. 民間企業
  2. 一般社団法人・一般財団法人及び公益社団法人・公益財団法人
  3. 法律により直接設立された法人
  4. ISO・プライバシーマーク(ISO14001、ISO9001、ISO27001、プライバシーマーク)の資格を有していること。
  5. 各種対策によりエネルギー削減量を提案できる者であること。
  6. 事業運営・維持管理を円滑に行うため迅速に対応できる者であること。
  7. リース期間中(10年間)設備の維持管理、部品供給、代替照明器具の供給ができること。
  8. 日本国内の企業でかつ、照明器具の製造・販売を5年以上行っているメーカーの機器を採用すること。
  9. 酒田市内の電気事業者を、最低1者、実施要領の(2-(3)事業内容)に掲げる業務に従事させること。

なお、提案に参加する者は、酒田市ホームページ内のLED防犯灯整備事業プロポーザルの広告ページにおける「酒田市LED防犯灯整備事業プロポーザル実施要領5」に定めるところにより必要書類を2016年6月24日午後5時までに持参または郵送で提出すること。

【参考】
酒田市 - 酒田市LED防犯灯整備事業業務委託公募型プロポーザルの公告

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.