> > 山形県酒田市、LED防犯灯の調査・設置・リース事業者を募集 総額1.5億円

山形県酒田市、LED防犯灯の調査・設置・リース事業者を募集 総額1.5億円

記事を保存

酒田市は6月15日より、防犯対策の充実と省エネルギーの推進及び再生可能エネルギー活用等の取り組みの1つとして、LED防犯灯整備事業業務委託の公募型プロポーザルの実施を開始した。参加表明受付期間は2016年6月24日まで。

この事業は、酒田市内の宮野浦地区、旧公民館地区、旧3町地区の3箇所で酒田市が管理している防犯灯を、10年間のリース契約にてLED照明へ交換するもの。採択された企業は、事業実施にあたり調査・施工・メンテナンス、製品供給などの多様なサービスを提供する必要がある。取付工事は2016年12月31日までに完了させ、LED防犯灯のリース期間は、2017年1月1日から2026年12月31日までの10年間。

LED防犯灯の整備調査と、整備実施の提案金額などは以下のとおり。

(※全文:2,018文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.